毎朝ちょこっと見て、ちょこっとでも元気になって欲しい。そんな思いで始めました。

*

夕暮れとともに仕事が終わる幸せ

 

おはようございます。さつまいも農家の道を順調に進んでいる間瀬邦生です。


先日、東京の友人がさつまいも掘りを手伝いに来てくれました。

収穫体験のようなちょっとした畑作業ではなく、5人で丸1日かかる大作業。

合計2.5トンのさつまいもが採れたので、それは本格的な農業の手伝いでした。


朝8時半から働き、夕暮れどきの5時に仕事を終えます。10月中旬の日没ですとだいたいその時間です。

そして近くの温泉に行き、温泉の食堂で夕食を食べて、自宅に戻ってきて7時半。

友人は家に帰ってきて一言。


「あとは寝るだけの状態で7時半を迎えられるのは、なんて幸せな一日なんだ」


そう言っていました。


私が東京での職場は新宿にあり、定時の6時半に終わって、ゆっくり帰って家に着くのが7時半。残業があれば帰宅はもっと遅くなります。

都会の夜は明るく、町から人がいなくなることはありません。田舎と比べると、都会には夜なんて存在しないかのよう。


田舎はそうはいきません。夜にはパタッと活動を停止します。


日中にはデスクワークではない体を使った仕事(農作業)をして、夜には休む。ただそれだけのことでも、都会の生活と比べるとちょっとしたカルチャーショックを受けるようです。

かつての私もそのカルチャーショックを受けたはずなのですが、すっかり忘れてしまっていました。


ほどよい疲れとともに、あとは寝るだけの状態で夜7時半を迎えることのできる幸せが田舎にはあります。



 - 田舎暮らし , ,