毎朝ちょこっと見て、ちょこっとでも元気になって欲しい。そんな思いで始めました。

*

絶滅危惧種を保護することの意味

 

おはようございます。間瀬邦生です。

最近、仕事の関係もあり、種(しゅ)の保存と保護について考える機会が多くありました。

絶滅危惧種の保護とか、自然林の保護とか、そういったものですね。


「そもそも、何故保護をするのでしょう?」

具体的な種を挙げると、関係各位の神経を逆撫ですることにもなりそうなので挙げませんが、その種が絶滅して人類が困るかというと特に困らないと思うのです。

その種を観光資源としている場合は、観光に関わる人が困るとは思うのですが、その影響範囲は狭いもの。

人類に影響はあるのは確かです。既に絶滅してしまった種の例を見ると、天敵のいなくなったせいで害虫が増えたという話はよく聞きます。

しかし、それでも人類はまだ生存しているわけで、少しくらいなら絶滅しても問題はないのでしょう。

種の絶滅と誕生は、人為的であるかないかに関わらず、今もどこかで起きていることです。


「少しくらいなら絶滅してもいいのでしょうか?」

この発想が人類にどう影響を及ぼすのか考えてみました。

「少しだけ」なら問題ないのでしょう。


でも本当に「少しだけ」で済みますか?


人は一度許してしまうと、どんどん歯止めがかからなくなってしまうもの。毛皮や象牙に珊瑚。数が少なくなり、貴重になればなるほど欲しがる人も出てきます。

そうしているうちに、いずれ手遅れになるのは人類の歴史が証明しています。一つの絶滅が二つの絶滅に、二つが四つに。絶滅の連鎖が人類の生存にどんな影響を与えるかは予測できません。

「少しだけ」は本当に危険なのです。


「他の生命を慈しむことは、人同士が慈しむ心でもある?」

人は「死」を忌避する心を持っていますよね。

それは人だけでなく他の生物に対する「死」に対しても持っています。

人類の歴史上、生き残るために殺し合いもしましたが、本来目指すべきは共存共栄のはずです。共存共栄の精神は、絶滅危惧種の保護といった行動も含めた、種の枠を越えた共存共栄に他ならないと思えるのです。


「絶滅危惧種を保護しよう」という行動は、他の生物を守ることでありますが、その裏には「生物を慈しみ、慈悲の心の育むことで、人同士の争いもなくそう」という意味合いがあるような気がしてなりません。

人類に慈悲がなければ、これだけ繁栄できたでしょうか

争いによって、これほどの繁栄は望めなかったのではないでしょうか。

「たとえ一種の絶滅は、されど一種の絶滅」の意味を持っているのだと思いました。



 - その他 ,