毎朝ちょこっと見て、ちょこっとでも元気になって欲しい。そんな思いで始めました。

*

地域おこしの本質

 

20160713_2

おはようございます。間瀬邦生です。

高齢化が進む地域に住む人からたまに聞くこんな言葉。


『若い人がいるだけでなんか安心する』


最初に聞いたときは思わず笑ってしまいましたが、子どもを見かけると安心する感情が私にもあり、生物として本能的に種族の繁栄を願う気持ちがあったのだなと痛感するわけであります。


さて、地方においては『地域おこし』という言葉がずっと叫ばれ続けていますが、全ての人が地域おこしに積極的ということはなく、地域おこしなんて難しいし、大変だし、そもそも日本の人口が減っているわけだし、過疎が進むのは当然のことだし、廃村だって自然に増えるわけだし、別に自分自身が普通に暮らせればいいや。

という考えの人も存在していて、それもまた普通のことだと思います。


とはいうものの、『地域おこし活動』に携わっている人からすると、そういう普通に暮らせればいいやという人も、どうにか活動に参画して欲しいと思っています。

そんなとき、


『若い人がいるだけでなんか安心する』


多くの人が抱くであろうこの感情は、人を動かすキーになるかもしれないと思いました。

あともう一つのキーとなる感情は、


『やっていてなんか楽しい』


という単純なことなのではないかと思います。

楽しいか楽しくないか。やはり人ってそういう動機で動くもので、地域を何とかしなければならないという危機意識の高い人だって、やりがいや楽しさを感じているから活動しているわけでしょう。

というところで、

『地域の存亡の危機だ。どうにかしなければ!』

よりも、

『テストで良い点取れると嬉しいよね。なんか地域が存亡の危機らしいけど、そんな感じでちょっと問題を解いちゃう?』

という方が多くの人を巻き込める気がします。


地域の幸せを生めば、それは『地域おこし』と呼んでいい、という観点から活動の実績を判断すると、数値としての成果が出ていなくても、地域の人が楽しんでいたら、それだけでも地域おこし。

人口減少に歯止めをかけたとか、移住者を何人増やしたとか数値でわかる成果も地域おこし。


地域の人としては楽しむだけでも大きな実績、周囲の人が求めるのは数値で分かる実績。


危機感を感じていない地域に数値の実績を生む方向へ働きかけることが必要なこともあるでしょう。

非難を恐れずに、地域の将来に疑問を投げかけることも地域おこし。


はっきりとは表面に出てこない、地域のニーズの本質を知ることは非常に大切です。


※ただ、よそ者である『地域おこし協力隊』がお気楽な考えで活動するのは困ると思うわけで、楽しみながら地域おこしをする資格があるのは地域の人だけです。

『地域おこし協力隊』の人は、まずお給料を税金からもらっていると自覚して、仕事をまっとうし、その上で楽しむということになりますね。



 - 田舎体験