毎朝ちょこっと見て、ちょこっとでも元気になって欲しい。そんな思いで始めました。

*

田舎はコミュニケーション力を身に着ける学校である

 

おはようございます。間瀬邦生です。

大学生の頃、母の実家に行き、祖母とテレビを見ていたときのことです。

若い女性が肌を多く露出するテレビのCMを見て、私の祖母が言いました。

「こういうの、嫌だわあ」

私は何の感情も抱かなったのですが、祖母は不快に感じたようでした。

年齢の違いは、そのまま価値観の違いに繋がっている気がしました。


予期せぬ祖母の言葉にうまく反応できなかった私、コミュニケーション力が至らなかったことを痛感します。

祖母の感情を汲み取った会話ができたら、どれだけ良かったことでしょう。


幅広い世代との交流から得られる、コミュニケーション力

田舎の家庭は、幅広い世代で住んでいます。

近所に親戚も多くいて、家族のような付き合いをするご近所さんも多くいます。

子どもの周りに多くの大人が存在しています。

そして、その大人たちは子どもに干渉してきます。

幅広い世代の大人から干渉される田舎では、自然と年上との会話の仕方を学び、年下の子の面倒を見るという力が養われていきます。

地域の関係が密接なことで、知らず知らずのうちに子どものコミュニケーション力は磨かれていくでしょう。

類似記事:二拠点居住をして三か月経過後の感想2

二拠点居住をして五か月経過後の感想。田舎に善人が多い理由


気遣いから得られる、コミュニケーション力

田舎は近所間の助け合いが盛んです。

田植えを共同で行ったり、収穫物のおすそわけをしたり、全て助け合いの精神に基づいています。

自分が苦しい時に助けられれば、次は助けようと思うもの。

何か美味しいものを貰ったら、次はあげようと思うもの。

お返しは、ときに煩わしさを感じてしまうこともありますが、その煩わしさもまた勉強です。

田舎は気遣いを通して、コミュニケーション力を学ぶ絶好の場です。

類似記事:田舎のおもてなしの質は高い?を考察する


田舎は日々学ぶことの多い、大変な社会なのかもしれませんね。



 - 田舎体験 ,