毎朝ちょこっと見て、ちょこっとでも元気になって欲しい。そんな思いで始めました。

*

たった一つのことを決意しただけで嫌われることが怖くなくなりました

 

20160313_2

おはようございます。間瀬邦生です。

老若男女、知人友人恋人親戚、自分と相手との関係は多くありますが、自分が相手を想うほどに相手が自分を想ってくれることは少なく、想いの温度差にはいつも悩まされます。


相手の私に対する興味が薄いというのは、とても寂しいことです。

その『興味が薄い』はいずれ『無関心』⇒『嫌い』という感情にも発展することもあります。

こういった悩みでは、以下のような助言をよく見かけますよね。

『全ての人に好かれることは不可能です』

しかし、どうも心に響きません。

私には違った答えが必要でした。

その答えとして導き出したのがこれです。


『私を嫌ってもいいけど、それはとても損なこと』


自分が相手から見て価値のある人間になれば、嫌われたくないという呪縛から逃れられるのです。

そのためには価値のある人間とは具体的にどういう人間かを考える必要がありました。いくつもの価値あるもの中から私が選んだことは、


『経済的な苦境に陥ったとき、必ず全力で助けよう』


ということでした。

色々と考えた結果、私にできることはこれくらいしかありませんでした。

私には、的確な助言で進む道を指し示す技術はありません。

私には、聞き上手になり悩みを解消する技術はありません。

私には、人を笑わせて楽しませる技術はありません。

どれも欲しくても手に入らない技術ばかりでした。これらの技術を持っている友人が羨ましくて仕方ありませんでした。

何もできない私にもできること。それは、


『あなたが困ったときに助けます』

『すがってきた手を払いのけることは絶対にしません』


全力で助ける気持ちを持つこと。それは難しいことでも特別なことでもなく、誰しも決意一つでできることだと思います。

難しい試験を突破する必要もなく、何かを習得するために努力する必要もなく、これは実に簡単なことでした。

私はこうして自信を手に入れることができました。そして嫌われることが怖くなくなったのです。



 - 人間関係