毎朝ちょこっと見て、ちょこっとでも元気になって欲しい。そんな思いで始めました。

*

田舎は政治が近い

 

おはようございます。間瀬邦生です。

田舎での暮らしに馴染んでくると、政治への興味も増すようになりました。

(田舎で暮らしているといっても、二拠点居住のような形態ですが)



田舎は政治が近い理由

1.人口に対して公的な資金の流入が多い

2.選挙の一票の重みが大きい

3.有力者が近くにいて、権力を感じる機会が多い



1.人口に対して公的な資金の流入が多い

要は公共事業が多いということです。

田舎は人口密度の割に土木・建設業が多く存在することから、なんとなくですが公共事業に頼る割合が大きいのを感じます。

道の補修や拡張工事はよく見かけます。「この道、意味あるのかな?」と感じる工事も半数くらいはあります。まあ、予算と使きりの話題は、なかなかデリケートな話なのでこの場ではしませんが…。

最近は、地方創生事業として多くの資金が国より降りてきている話も聞いていますしね。



2.選挙の一票の重みが大きい

要は人口が少ないということです。

市議会議員選挙であれば、支持地域一戸一戸すべて訪問できるくらいの人口です。おそらく多くの人が、最低一人の市議会議員と面識くらいはあるはずです。

そんな関係から気軽に政治家とお話ができます。



3.有力者が近くにいて、権力を感じる機会が多い

これも要は人口が少なく、有力者とすぐにお知り合いになれるということです。

田舎には農家が存在し、農家は部会というものに所属していることが多いです。

部会とは作物ごとに「なす部会」「施設栽培部会」というような単位でまとまった共同体です。部会の仲間でお金を出し合って高価な農機を買ったり、共同で販路を開拓したりします。

その部会長というのが、会社で言う社長のようなものであり、30人いる部会の部会長であれば、従業員30人の会社の社長と同じようなものです。地域の産業のトップとして自治体や市長にも一目置かれ、農協に対しても強い権力があります。

部会長の一声で公的な力が働くこともあります。

そんな部会長はごく身近にいます。



政治への関心が増した感想

本当はもっと関心を持たないといけないのでしょうね。

東京にいたときはなんで関心をもたなかったのでしょうか。やはり、政治が自分に及ぼす影響が少ないからでしょうね。


田舎では自分が部会長にでもなれば、結構な権力を得ることができます。

その部会長が同じ町内にいるものですから、もしかしたら私もそれくらいにはなれるかもという気も抱いてしまうわけで。

自分が大きくなるためには政治との結びつきも強くしなければいけないという意識も芽生えました。

田舎という新しい環境は、また私に新しい発見をさせてくれたようです。



 - 田舎暮らし ,